朝早くとも行動半径が小さいのが利点!?宅配ドライバーの心得

まずは徹底して担当エリアの地理に慣れる事

長距離ドライバーと比べれば細かな仕事量こそ多いものの、比較的身近なエリア内を繰り返し回れる宅配ドライバーの仕事は、初心者でも慣れ易い仕事と言えるかも知れません。まず仕事に就いて覚えるべきは業務の段取りの他に担当エリアとなる町村の地理。慣れないうちは先輩ドライバーに付き従って作業をする中で大まかなルートを覚え、独り立ちしたらそれら主要ルートに加え細かな道、そして緊急時又は繁忙時における便利なショートカットコースや休憩時の駐車エリアを随時覚えてゆくと良いでしょう。宅配ドライバーはそう簡単に担当エリアを外されたり短期間で違うエリアに転属になる事もありませんから、それらの知識や経験はしばらくの間、大きな財産となってくれるでしょう。

ルートを覚えたらその地域住民の好意を惹く様努めて

担当エリアを繰り返し回り細かいルートや地理にも慣れれば日々の配送に大きな自信が付くものですが、それを更に後押しし仕事を気持ち良くしてくれるのが、そこに暮らす住民からのサービスに対する好意や好感。こちらが常に丁寧な宅配サービスを心掛ければ、いずれ愛顧してくれる届け先のお客様からも好感や信頼を持って迎えられる様になりますし、その反応を見て改めてやる気やモチベーションを高める事が出来るもの。日々気持ち良く仕事を完結させる為にも丁寧な接客サービスは大切な心掛けですよね。

緊急の案件にも柔軟に対処を

お届け先にお客様が不在で荷物を引取ってきたところ、他の客先に向かっている最中に連絡が入り改めて荷物を届けなければならないケース、よくありがちですよね。中にはその日の配送業務の終了間際、まさに営業所に帰り掛けのギリギリの段階で荷物お届け希望の連絡が入るといったパターンも珍しくありません。それら少々無理が生じるリクエストに対しても確実に対処し、嫌な顔一つせずに配送をこなせるだけの心身の対応能力を常に持ち続ける事もまた重要でしょう。お届け先が一般家庭であれば、家庭内の事情により受取の都合が思う様に付かないケースも多々あるでしょうから、尚更我慢しないといけないところですよね。

ドライバーの求人の勤務時間は、不規則になりがちであることから、事前に勤務条件をじっくりと確認することが大事です。