結婚後の仕事と子育てについて

女性の社会進出と結婚

1986年に男女雇用機会均等法が施行されて以来、女性の社会進出は着実に広がっています。働く女性が増えたこともあって、晩婚化や少子化という現象も目立ってきています。結婚後も働き続けて子育てをするというのは、考えている以上に困難が伴うものです。学校を卒業してからずっと社会の一員として働いてきた女性が結婚を迎えると、結婚後の仕事をどうするか悩むことになります。もちろん、その決断にはパートナーとなる男性も関係してきます。

女性に対する意識の変化

結婚後の生活は夫婦が協力して築き上げていくものですから、女性だけに負担を背負わせるわけにはいきません。従来であれば、結婚した女性は会社を辞めて家庭での仕事に専念するのが当然と考える男性が多く、結婚後も働き続ける女性は少数派でした。しかし、最近では結婚後も女性が働くということに理解を示す男性が増えてきましたし、子育てなど家庭の仕事を夫婦で協力して行うケースも珍しくありません。こうした状況の変化が女性に選択を迫っているとも言えます。

大切なのは夫婦の相互理解

女性の意思がどうであれ、結婚後は退職するものだという周囲からの圧力によって仕事を辞めざるを得なかった女性も少なくありません。しかし、仕事を続けることに理解が深まったが故に、自分で生き方を選択する必要が出てきたのです。子育ては独身時代にはなかった大切な仕事です。安定した生活を送るためには収入を得ることも重要ですが、子育て期間はそれまでと同様の働き方は難しくなります。夫婦でしっかり話し合って適切なライフスタイルを構築することが大切です。

主婦のパートは時間があらかじめ時間が決まっているものが良いです。また時間外の拘束がない求人がおすすめです。